アメリカンエキスプレスの審査基準とメリットとは

アメリカンエキスプレスの審査基準とメリットとは

スポンサードリンク

アメリカンエキスプレスに憧れる方は特に男性に多いのではないでしょうか?

ステータスのあるクレジットカードと聞いて誰もが納得する一枚ですから、持っていたいものですよね。

しかしいざカードを作ろうと思っても気になるのが審査基準です。

クレジットカードを作るには審査に通らなければいけませんが、アメリカンエキスプレス・カードともなるとよほど審査基準が厳しいのでは?と不安になってしますね。

そこで今回はアメリカンエキスプレスの審査基準について解説していきたいと思います。
申し込みを検討されている方は是非参考にしてください。

アメリカンエキスプレスの審査基準は甘い?アメックスが選ばれる理由はどこなのか

アメリカンエキスプレスの審査基準は甘い?アメックスが選ばれる理由はどこなのか
「最近のアメックスは審査が甘い」「他は駄目だったけどアメックスは可決した」
インターネット上の書き込みで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

確かに実際にネット上の掲示板を調べてみるとこのような書き込みを見かけることが多くなりましたが、結論から言ってしまえばアメリカンエキスプレスの審査基準は甘くありません。

そもそも審査基準が甘いクレジットカードは無いと持ったほうが良いです。

いい加減な審査でリスクを追うのはカード会社なわけですから、わざわざリスクのあるような人にカードを作るわけがないです。

クレジットカードの審査過程とは?

クレジットカードの審査過程とは?
クレジットカードの審査過程において、カード会社は個人の信用情報を紹介します。

信用情報には利用者の過去現在のローンやクレジットカード等の利用履歴が記録されています。

信用情報を管理しているのが個人信用情報機関です。

カード会社が申込者の信用情報を照会するには、個人信用情報機関に加盟しなければいけません。

そして個人信用情報機関は日本に3つあり、それぞれ加盟する金融機関の系統が異なります。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)は主にクレジットカード会社が、JICC(株式会社日本信用情報機構)は消費者金融が、KSC(全国銀行個人信用情報センター)は主に銀行系が加盟しています。

アメックスは上記すべての信用情報機関に加盟していますので、審査の際は全ての機関にて信用情報を照会します。

アメリカンエキスプレスなど審査に通らない理由は?

アメリカンエキスプレスなど審査に通らない理由は?
信用情報機関は返済延滞などの事故情報いわゆるネガティブ情報に関しては共有しています。

ですから返済などで何か問題を起こした場合は、信用情報を照会した際にすぐにバレる仕組みとなっています。

事故情報が記録されるのは債務の延滞、代位弁済、債務整理、強制解約などです。

上記の内1つでも該当すれば個人の信用情報には傷がついてしまいます。

事故情報は一度記録されると一定期間保存されます。
事故情報の保存期間は信用情報機関毎に異なり、最長で10年間記録が残ることもあります。

最もアメリカンエキスプレスは全ての信用情報機関に加盟していますので、事故情報は10年間かならず残ると思って良いかもしれません。

信用情報に事故情報が記録されている間はアメリカンエキスプレスカードを作るのは難しいです。
これは他のクレジットカードも同様です。

アメリカンエキスプレスの審査は本当に甘いの?

アメリカンエキスプレスの審査は本当に甘いの?
ただ、アメリカンエキスプレスは外資系らしく独特の審査基準があると言われています。

例えば過去に債務整理を行ったとしても返済完了して、そのことをアメックスが知っていればカードを作れることがあります。

また以前よりも属性が大幅に向上したことで、資産や不動産収入など信用に足りるものを所有している場合、利用限度額は少額ですが可決されることもあります。

クレジットカードの審査において信用情報に問題がある人は、まずカード発行されません。
ですがアメリカンエキスプレスの場合は、独特の審査基準で100%作れないというわけではないようです。

とは言え、これは一例に過ぎませんのでどちらかと言えば作れない可能性のほうが高いと見たほうが良いでしょう。
もちろん現在進行系で返済延滞しているような人は審査に通るのはまず無理と見たほうが良いです。

アメリカンエキスプレスの審査前にチェックしておくことは?

アメリカンエキスプレスの審査前にチェックしておくことは?
アメリカンエキスプレスの審査を受ける前に確認しておきたいのが「入会資格」です。

審査に申込むのにも一定の条件を設けており、これを満たしていないのに申し込みしても絶対に審査は通りませんので気をつけましょう。

アメックス公式サイトに記載されている情報によれば、「日本国内に低住所を持っている」「安定した収入をお持ちの方」「他のクレジットカードやローン等の支払いを延滞なく出来ている」が入会資格となります。

つまり住所不定の人や定収入がない人、現在進行形で返済を延滞している人は入会資格をクリアしていませんので、申し込んでも確実にアウトということになります。

またパート・アルバイトの申し込みは出来ないとしています。
クレジットカードには正社員以外の人でも申込可能なところが多いですが、この点アメリカンエキスプレスはハッキリと申込不可としています。

このあたりからも審査基準が甘いなんてことは決して言えないことが分かります。

アメリカンエキスプレスの審査基準とは?

アメリカンエキスプレスの審査基準とは?
アメリカンエキスプレスの審査基準は独特であるため、甘いという人もいるのかもしれませんが決してそのような事はありません。

属性が高い人でも落ちることはありますし、逆に年会費払えるのか怪しいような属性の人が審査に通ったりします。

審査基準に関しては企業秘密の部分ですから、明確な答えは出せませんが、少なくともステータスのあるクレジットカードにおいて審査が甘いことは先ず無いと思ってください。

誰でも簡単につくれてしまうようなクレジットカードにステータスなんてありませんよね。

またアメリカンエキスプレスでは一度審査に通ったからと言って気を抜いてはいけません。

と言うのも、途上与信も行っていますので契約後にカード利用停止になることだってあるからです。

ステータスの高いクレジットカードと聞かれれば、多くの人がアメリカン・エキスプレス・カードと答えるのではないでしょうか?

クレカを既に持っている人からすれば憧れのカードとも言え、それぐらい圧倒的なブランド力をもつ国際ブランドです。

それだけでカード所有するメリットがあるといえるのではないでしょうか?

アメリカンエキスプレスはステータスを高く見せるぐらいしかメリットがないと思っている方結構多いのではないでしょうか?
アメリカンエキスプレスカードは日本国内よりも出張や旅行で海外に行った時に大きなメリットを感じることが出来ます。
海外に行けば如何に価値のあるカードなのかが分かると言われています。

アメリカンエキスプレスの審査が厳しくても選ばれる理由は?

アメリカンエキスプレスの審査が厳しくても選ばれる理由は?
アメリカンエキスプレスの会員は空港ラウンジ無料は当たり前です。
一般のゴールド会員と同じカードラウンジなのです。
他のゴールドカードと比べた時でもアメックスはコスパに優れているカードです。

一般のアメリカンエキスプレスカードでさえも空港ラウンジは同伴者も無料で利用できるのです。
他にも荷物の配送無料、海外旅行保険の充実、渡航先で困った際のヘルプデスクの対応等など旅行関連のトラブルサービスが非常に充実しています。

海外旅行に行きたいけど不安という方でもアメリカンエキスプレスを持っていれば、不思議な安心感を抱くのではないでしょうか。

アメリカンエキスプレスを持つメリットとは?

アメリカンエキスプレスを持つメリットとは?
アメリカンエキスプレスカードには意外と知られていないメリットがあります。
それはポイント制度に有効期限が無いということです。

後から知ったという方も多く、アメリカンエキスプレスのポイント制度には実質有効期限というものが存在しません。

普通クレカのポイントは1,2年程度で期限が切れてしまうものが多いですが、アメリカンエキスプレスなら5年10年と長期間ポイントを保有しておくことが出来るのです。

必要な時に必要な分だけ使用する、自分にあった使い方ができるのもアメリカンエキスプレスのメリットです。

スポンサードリンク