アメリカンエキスプレスの海外保険とメリットは

アメリカンエキスプレスの海外保険とメリットは

スポンサードリンク

アメリカンエキスプレスを利用するメリットは?と聞かれて海外保険が充実していることを挙げる人は多いです。

海外旅行には何かしらのトラブルがつきものと考える人は多く、そのような時のために備えておくことは必須といえます。

特に頻繁に海外に行くという人こそクレジットカードの海外保険はありがたい存在といえます。

アメリカンエキスプレスの海外保険│旅行傷害保険とは

アメリカンエキスプレスの海外保険│旅行傷害保険とは
海外保険の中でも特に重要となるのが、旅行傷害保険です。

リスク管理を語る上で欠かすことが出来ない保険と言えます。
日本は最も安全な国と言われているのを一度は耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

もちろん日々当たり前のように日本で暮らしている人たちにとっては、そう言われてもあまりピンとこないかもしれません。
しかし海外に行って、初めて日本が如何に安全な国であることを実感する方は、かなり多いようです。

それぐらい海外は危険なところが多く、リスクが大きいのです。
日本では交通マナーをしっかり守る方が多いですが、一度海外に行けばその違いに驚かされます。

海外はとにかく事故が多く、巻き込まれるリスクが高いと言われています。
また日本は、病気にかかるリスクが海外に比べ、かなり低いです。

あまりにも安全な国に住んでいるため、海外旅行の危険の高さに十分なリスク管理が出来てない人が多いです。

たった1週間でも海外に滞在すれば、行先によっては病気や事故、盗難に巻き込まれる可能性は高く、何の問題もなく日本に返ってくることは難しいとさえ言われています。

それぐらい海外には様々なリスクが潜んでいます。

アメリカンエキスプレスの海外保険│盗難保険とは

アメリカンエキスプレスの海外保険│盗難保険とは
特に多いのが盗難です。
旅行初心者の多くが被害に遭う可能性が高く、そういった人ほど入ったほうが良いのが盗難保険です。

一見すると安全性の高い場所ほど盗難率が恐ろしいほど高く、日本の比ではありません。

現地の人ですら常に周囲を警戒しながら過ごすという方も多い地域というのは海外にはたくさんあります。

海外旅行の楽しみの1つとも言えるのが様々なアウトドア体験をすることではないでしょうか?

しかしそこでも、万が一のことのために、傷害保険や救援者保険をかけておくことが大切です。

万が一と入ってもその確率は100分の1とさえ言われるぐらい高い確率ですので、そのような自体に備えてアメリカンエキスプレスカードを作る方もいらっしゃいます。

アメリカンエキスプレスの海外保険│具体的な補償内容とは

アメリカンエキスプレスの海外保険│具体的な補償内容とは
では具体的にアメリカンエキスプレスカードの海外保険について見ていきましょう。

もちろん海外保険だけでなく国内旅行時の保険もアメリカンエキスプレスは充実しています。

例えば旅行代金をアメリカンエキスプレスで決済していれば国内旅行であっても保険が付帯されます。

アメリカンエキスプレスの海外保険で注目すべきは、何と言っても傷害死亡保険金額の高さです。

アメリカンエキスプレスグリーンでは傷害による死亡もしくは後遺傷害は5000万円です。

最もグリーンは利用付帯のみで自動付帯ではありませんので注意が必要ですが。

その他の傷害治療、疾病治療、救援者費用、賠償責任、携行品損害などグリーンは全て利用付帯となります。

家族特約も利用した場合に適用されます。傷害による死亡と後遺傷害のみ本人より減額されますが、それ以外は同額です。

これらの保険は、死亡、怪我、病気、他人の所有物を破損してしまった、怪我を負わせた、盗難に遭った、天候不順などにより救助が必要になった場合などに保険金が支払われるというものです。

アメリカンエキスプレスの海外保険│ゴールドは補償も充実

アメリカンエキスプレスの海外保険│ゴールドは補償も充実
アメリカンエキスプレスゴールドの場合は、利用のみならず自動で付帯されます。

つまり持っているだけでも保険が適用される海外旅行保険ということで、より安心して海外旅行を楽しむことが出来る一枚です。

ゴールドの場合は、傷害による死亡と後遺傷害は最高1億円まで、傷害治療は300万円、疾病治療も300万円、救援者費用は400万円、賠償責任は4000万円、携行品損害は50万円とすべての面でグリーンよりもワンランク上です。

自動付帯でさえも補償金額はゴールドのほうがグリーンよりも上となります。

また家族特約は利用付帯も自動付帯も同一の保証額です。アメリカンエキスプレスゴールドなら家族で旅行の際も安心できます。

年に1回以上海外旅行に行くというのであれば、付帯する保険だけでアメリカンエキスプレスカードを持つ理由になると言えるでしょう。

アメリカンエキスプレスカードには、海外保険以外にも非常に便利なサービスが備わっています。

その1つが旅行先での日本語サービスが挙げられます。
例えば、ホテルやレストランの予約、現地でのトラブル時にアメックスの現地のヘルプデスクが、現地での言語で通訳が必要になった時に日本語でサポートしてくれます。

アメリカンエキスプレスの海外保険│航空便遅延費用補償とは

アメリカンエキスプレスの海外保険│航空便遅延費用補償とは
また意外と見落としがちなものですがあると役立つのが、航空便遅延費用補償です。

これは搭乗予定だった航空機の遅延や、天候不順で飛ばなくなってしまった場合に生じる経費が保証される保険です。

例えば、預けたバッグが丸々紛失となってしまい損失を被った場合などに活躍します。預けた荷物がなくなるなんてこと、日本ではほぼありませんが海外ではよく起こることです。

ビジネスクラスの搭乗者でさえも荷物がなくなることもあるほど海外では日常茶飯事と言っていいぐらい、起こることなのです。

このような場合、後日荷物が返ってくることは先ずありません。

アメリカンエキスプレスなら証明書にて申請すれば保険金を受け取ることが出来、損失をださずに済みます。

アメリカンエキスプレスの海外保険│海外にも最適な一枚になる

アメリカンエキスプレスの海外保険│海外にも最適な一枚になる
アメリカンエキスプレスカードは海外のお供に最適な一枚といえます。中でもゴールドは先程説明しました通り、海外旅行保険が充実していますので、海外に行く時でも安心です。

これほど手厚い保険を付帯しているクレジットカードもそうそう無いでしょう。海外旅行先での傷害保険における補償額は最大で1億円です。

事故での怪我はもちろん、病気による治療費や賠償責任といったように様々なトラブルに対応してくれる安心の保険です。

しかもカード会員だけでなく家族特約もついていますので、家族で海外旅行に行く際も安心です。

海外保険には自動付帯と利用付帯がありますので注意してください。自動付帯とはカードを持っているだけで適用されるもので、カードを利用した場合に適用されるのが利用付帯です。

アメリカンエキスプレスゴールドは自動付帯と利用付帯両方備わっていますが、グリーンは利用付帯のみとなります。更に自動付帯と利用付帯とでは補償額が異なり利用付帯の方が手厚いです。

より手厚い補償を望む場合や、安心して海外に行きたいという方はグリーンよりもゴールドを持つほうが良いでしょう。

アメリカンエキスプレスの海外保険│グリーンでも内容は充実です

アメリカンエキスプレスの海外保険│グリーンでも内容は充実です
もちろんアメリカンエキスプレスグリーンも補償内容は充実しています。

アメリカンエキスプレスカードは海外旅行に適したカードと言われており、それはグリーンも例外ではありません。付帯される海外保険は、海外旅行傷害保険の補償額は最大5000万円です

もちろん家族特約も充実していて最大で1000万円までと安心の補償内容です。

これ以外の補償も充実していますので、十分すぎるくらいといえます。また旅行保険以外にもショッピング保険や紛失盗難補償も完備されています。

アメリカンエキスプレスの海外保険│まとめてみると補償は充実で納得です

アメリカンエキスプレスの海外保険│まとめてみると補償は充実で納得です
アメリカンエキスプレスゴールドとグリーン、どちらも海外保険は充実したものといえます。

ですがやはりゴールドのほうが補償内容は手厚いですから、海外旅行をよく行くという方はゴールドのほうが適しているでしょう。

海外旅行保険は死亡保険よりも傷害・疾病治療費のほうが利用する確率は高いから、死亡保険よりも大事と言われています。この点についてもアメリカンエキスプレスゴールドはグリーンよりも補償額が手厚いですから問題ありません。

しかもゴールドは海外にてカードを無くしたり盗難に遭ったりした場合でも即日発行してくれる等、海外旅行時のサポートが徹底されています。

このようなことからアメリカンエキスプレスは海外旅行時に欠かせないと言われているのも納得がいきますね。

スポンサードリンク